発生寺
龍馬ゆかりの地
発生寺

ご本尊、阿弥陀如来像のすぐ後ろに立っておられる観世音菩薩は市内、久通沖の海中から漁師の網にかかって拾い上げられたもので南北朝時代の作といわれている。本堂の建立は元禄2年8月。もともとは真言宗豊山派の寺院でしたが、明治新政府による廃仏毀釈という悪政の被害を受け、寺領は荒廃。土佐の廃物は全国的にも有名で幕末に存在した約600ヶ寺のうちの73%にあたる約440ヶ寺が廃寺に追い込まれました。全国の県庁所在地に浄土宗寺院が存在しないのは高知県だけであり、廃仏毀釈が大きく影響しています。明治25年ごろ高知県下の各寺院が復興される際、当時は浄土宗に改宗し、現在に到ります。
 
hossyo
毎年秋には大イチョウがきれいな黄色で染まります。
坂本龍馬首切り地蔵があるのも、ここ発生寺です




店舗情報
住所高知県須崎市鍛冶町4-9
電話0889-42-0166
駐車場有(3台)

高知県須崎市鍛冶町4-9
大きな地図で見る