エム・セテック株式会社

 
 
今回訪問したのは、「エム・セテック株式会社」さん。
須崎市内で太陽電池の基板になる材料を作っている会社です。
総務部所属のIさんと品質保証課所属のFさんにお話を聞いてきました!
 

 
エム・セテック株式会社は1978年に東京都西日暮里で設立。最初から太陽電池の材料を作っていたのではなく、半導体の製造装置を作っていたそうです。
太陽電池向けの材料は、1984年に宮城県のほうで工場を建て事業をスタートさせました。
その後、2004年に高知工場(須崎市妙見町)、2007年に相馬工場、2009年に高知第二工場(須崎市大谷)を設立。
しかし、仙台工場は設備の老朽化等もあり2011年に閉鎖、相馬工場も2017年に閉鎖をし、現在は須崎にある2箇所の工場で事業を続けています。
現在のエム・セテックは2009年に「AUO(友達光電)」という液晶パネルを中心とした台湾の電子デバイスメーカーが資本参加。AUOグループの一部門として太陽電池の材料を製造しており、須崎の両工場では約210名の方が在籍されています。
 
エム・セテックがどんなものを作っているのかを具体的に聞いてみました!
「エム・セテックって、太陽電池を作っている会社だと思われがちなんですけど、実は太陽電池の素になる素材を作っている会社なんですよね~」と笑いながらお話をしてくれるFさん。
 

 
エム・セテックは太陽光発電パネルに使われる材料『単結晶シリコンインゴッド』というものを製造しています。
 

 
太陽電池の基板となるシリコンで、中でも『単結晶シリコン』は民生用太陽電池として発電効率が高いとして注目をされている材料です。
太陽光発電向けの専業メーカーとしてエム・セテックは世界有数・国内最大で、その生産規模はなんと年間60,000本以上!!!!一般家庭に換算すると20万軒相当になるそうです!!
エム・セテックの製品は国内外の大手メーカーの製品に用いられています。
 
この『単結晶シリコンインゴッド』は1本が完成するまでに非常に時間がかかるため、プログラム制御された設備で24時間稼働しており、従業員の方も交替勤務で作業をしています。
 

(単結晶シリコンをつくる結晶炉)
 
出来上がったものは出荷基準をクリアしているかどうか検査にかけ、基準をクリアしているもののみが出荷されます。(品質検査のために切り落とす部分は、再利用されるそうです。)
 
発電効率が高いとして注目されている材料『単結晶シリコン』ですが、海外との価格競争が非常に厳しいという現状も。
しかし、海外のお客さまからは、日本製の品質は注目されるようです。
エム・セテックでは、『Made in Japan』の魅力を維持するために、国際規格ISO9001:2015の認証を取得したそうです。
(ISO9001認証とは、品質を保証するための体制を国際ルールで定められており、認証機関からのお墨付きですよという印でもある。)
 
そもそもなぜ須崎にこの工場ができたのか、とても不思議ですよね。
そのことについても伺ってみました!
 
「高知工場がある場所にはもともと『松下寿電子工業』があったそうで、事業を集約する関係でこの土地が空き地になっていました。ちょうどエム・セテックも工場新設の土地を探していたところで、高知県や須崎市がいろいろと動き須崎に誘致したそうです。」とIさん。
その後、事業拡大によって高知第二工場が須崎市大谷に建設されました。
高知工場と高知第二工場で作っているものは同じものだそうですが、第二工場の方が規模が大きいそうです。
高知工場はこの周辺地域の津波避難場所にも指定されていて、備蓄倉庫(市が設置)も置いており、その他にも水を備蓄したりなど住民を受け入れられるよう対策をしています。
 

 
今回取材を受けてくださったFさんのお仕事についても伺ってみました!
Fさんが所属している品質保証課では、主に製品の検査やお客さまからのクレーム対応を担当。
Fさんの業務はISO9001の認証所得に関する業務や、製造ルールを決めたり、品質監査の対応などさまざまなことをしているそうです。
これ以外にも“会社の品質・価値向上”という視点で、工場見学や見本市の企画、小学校への出前授業などのお仕事も受け持つことがあるようです。
年1回開催される見本市(高知県ものづくり総合技術展)は、県内の企業が130社ほど集まる県内最大規模の展覧会で、エム・セテックも参加。須崎市に先端技術を担っている会社がある事をアピールするために参加しているとのこと。
須崎市のご当地キャラ「しんじょう君」も来てくれたことがあるようです♪
 

 
工場見学には地域の小・中・高校生や大学生、その他にも高知県知事や須崎市長も見学に来たことがあるそうです。
 
今回対応してくださったIさんとFさんもIターン者。Iさんは宮城県から高知市へ、Fさんは徳島県から須崎市へ移住されてきました。
お二人が思う須崎の良さについて聞いてみると、
 
Fさん:「美味しい物ももちろんあるけど、もうここにお墓を作りたいくらいに住みたいです(笑) 住んでいてすごく面白いし、須崎に来ていろいろな人と知り合えるなんて思ってもなかったです。誰も知らない状態で来ていろいろなことができたのも須崎市ならではだし、人との出会いはすごく良かったです。須崎市が企画する人材育成塾『須崎未来塾』に参加したり、まち歩きガイドの企画をさせてもらったり、むちゃくちゃ充実していますよ^^」
 
Iさん:「須崎の夏祭りも含め、すごくイベントが多いなと思います。スーパーもいろいろあるし生活するには困らないですね。出張などで都会から須崎へ帰ってきたときは「ふーっ」となります。しいていえば、公共交通機関が弱いところですかね(笑) 以前は汽車で通勤していて、車内で新聞を読んだり本を読んだりするのが好きだったんですが、冬は扉が空きっぱなしの車両があって、それが寒くて寒くて(笑) それがあって今は車で通勤しています。」
 
お二人とも笑いながらお話をしてくださいました!
 
最後に、Fさんに会社PRをしていただきました。
「エム・セテックではAUO社と資本提携したことで、とにかく『Made in 須崎』の製品が世界各国の太陽電池メーカーに採用されるよう力を入れています。須崎という地方都市ですが、先端技術の一旦を担える事を誇りに思っています。若手社員の育成では毎年教育計画を組んで、資格取得(電気主任技術者などの専門的な資格)や講習会にも参加をしています。エム・セテックは社員同士がとても仲が良く、コミュニケーションも良く取れ、僕自身もここに居てすごく楽しいです。上の人に対して意見がとても言いやすい雰囲気というのも大きな魅力です。その他にも、従業員同士のコミュニケーションを深めるために山登りやBBQなど、いろいろなことをやっています。今後はしまなみ海道のサイクリングなんかもやりたいなと企画しています。現在エム・セテックでは一緒に働いてくれる仲間を募集しています。一緒に働きましょう!」
 

(エム・セテックの社員の皆さま)
 
エム・セテックでは、以下の従業員を募集しています。
製造オペレーター(日勤)
製造オペレーター(交替勤務)
フォークリフト作業員
プロセス技術・機械制御技術者
 
気になる方はぜひお問い合わせしてみてください!
企業見学もできるそうですので、「自分の目でどういう企業か確かめたい、企業の方から直接話を聞いてみたい」という方はぜひ連絡をしてみてくださいね!
 
お忙しい中、対応していただいたIさん、Fさん、ありがとうございました!!!!