いよいよクラウドファンディングスタート!

 
こんにちはー!事務局長大崎です(^○^)
朝晩冷え込みが増し増しスサキです!
 
先日の旧上原邸の活用発表から一週間。
ついに本日11時よりREADYFORで【古き良き土佐の古民家を再生し、高知・須崎の新たな拠点に!】と題したクラウドファインディングを開始しました!
 
サイトはこちらをご覧ください→https://readyfor.jp/projects/uehara2017project
 

 
クラウドファンディングとはネット上で資金を集める事を言い、募集期間内に目標金額を達成しなければ、支援が集まっていても0円になってしまいます。今回、旧上原邸を改修するプロジェクトを行い、55日間で150万円以上集めなければ、プロジェクトが不成立として終わってしまいます。
 
今回クラウドファンディングを利用してお金を集めようと思ったのは、皆さんの支援によってこの施設が出来上がることを知って欲しいという想いと、ぜひ商店街を一緒に盛り上げて欲しいという想いからです。
 
これまで私たちはたくさんの方々に支えられて様々な事業を進めてくることができました。空き家を調査すれば、あそこの家も空いてるよと情報を提供してくれる地域の方々、実際に貸してもいいよと言ってくれる大家さん、取材に行けば快く迎えてくれる企業さん、ツアーや交流会をすれば参加してくれる移住希望者さんや移住者さん、子どもたちに自然体験の機会が減っているんじゃないかと思い自然と暮らすさきという体験活動を実施すれば、地元の方々が講師になってくれ、参加してくれた子どもたちは6年間で260名を超えました。また、空き家の改修もやってみたいと一昨年の冬に開催した初めての空き家改修ワークショップには10日間の改修に延べ80人を超える方が参加をし、そして、昨年度は旧上原邸の壁などを塗るWSを開催し、3日間の日程に述べ77名が参加してくれました。
 

↑ 私も漆喰塗に挑戦しました!仕上がりは・・・現地を見てみてくださいね(笑)
 
なかなか収益を上げることができない私たちですが、たくさんの方々の力でここまでやってきました。またいろいろな助成金や委託金で事業を実施してきました。そういったお金ばかり使って・・・なんて思われる方もいるかもしれません。
 
ですが、お金だけが必要ならば、銀行で借りれば済む話しです。(とはいえ、弱小NPOにお金を貸してくれる銀行があるかもわかりませんが…)
助成金だからこそできた事業がたくさんあります。行政の方々にはそのたびにお世話になり、力になってもらいました。本当に感謝です。
 
行政の支援を受けてこの旧上原邸は綺麗になりました。けれど、ピカピカに改修されたわけではありません。これ以上のお金は出せませんとも言われています。ですので、今回【民】のご支援に頼りたいと思うのです。お金は出せないけど手伝ってくれる人がいる中で、手伝いは出来ないけど、お金は出せる!っていう人もいるかもしれません。
 
●情報の拡散ならできるよ
 
●家族や友達に伝えておくよ
 
●実際に支援して、泊まりにいくよ
 
・・・などの支援でも構いません。
皆さんのお力をいただければ幸いです。
 
期間は55日。この期間は私にはプレッシャーしかありません。
集まらなかったらどうしよう、どうやって集めたらいいだろう。。。不安しかありません。
ですが、みんなが【頑張れ】と言ってくれる、それに応えるためにも、頑張りたいと思います。
 
ぜひ、皆さんのご支援をよろしくお願いいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です