旧上原邸をお借りします!

 
おはようございます!
事務局長の大崎です(^○^)
 
なんだか久々のブログだなと思ったら、先週木曜は祝日だった!
なので2週間ぶりのブログですが、今日は皆様に発表したいことが!!
 
もうご存知の方も多いと思いますが、
昨年度、須崎市による大規模な改修が終わり、3月には私たちも市から委託を受けて改修ワークショップをした、旧上原邸。
 

↑ 改修前
 

↑ 改修後
 
すさきまちかどギャラリーから徒歩数秒のところにあり、旧三浦家とともに商店街の歴史の古さを感じさせてくれる建物です。
自分が小さい頃は【シェーン】というジーンズショップで、子供ながらに憧れのお店でもありました。そんなジーンズショップが閉店し、ずっと空き店舗となっていたこの物件。
 
どうにか活用できないか、このまま壊れていくのはもったいない。。。と、当時受講していた須崎未来塾という市が取り組む人材育成塾でこの物件を活用しての商店街活性化案を発表させていただきました。
 
そんな経緯や県や市の空き家活用促進の取組みもマッチングし、市がこの物件を借り上げ、修繕してくれることに。
 
今年の3月には改修が終わり、この夏にはこの物件を活用する団体が公募となりました。
暮らすさきもぜひこの空き店舗を活用して商店街を盛り上げる一端を担いたいと思い、手を挙げましたが、審査は難航(笑)
ちょっと資金計画がふわふわしていたので(笑)、どうなることやらでしたが、なんとか再度計画書を出し、採択していただきました。
 
いろいろ相談をさせていただいていた皆様にはハラハラさせてしまい、申し訳なかったです。ですが、審査を通して、どうしてうちが・どうしてここで・どうしてやるのか、を整理出来た気がします。
 
私たちはここで宿泊滞在施設の運営をしたいと思っています。これまで新荘にある教職員住宅を借りて短期滞在施設を運営してきましたが、物件が売りに出ることになり県に返還しなければならず、利用の問い合わせもあったのに残念ながらやめざるをえませんでした。
 
移住希望者からの滞在ニーズがあります。また、観光においても、ホテルや旅館までのサービスが無くてもいい宿泊ニーズも高まってきています。ですので、私たちは自炊でき、1日1組限定で泊まれる【暮らすように滞在】できる施設を運営したいと思っています。
 
ですが、オープンはまだ先です。
なぜなら、外観はこんなにきれいになりましたし、店舗部分もすごーく綺麗になりましたが、私たちが最も活用したいと思っている北側の居室部分が全然綺麗になっていないからです。。。
 

↑2階の居室はそのまんまの状態。。。
 
なので、とりあえずまた改修します。
自分達の手でトンカンもしますが、大規模な工事も予定しています。ですが、私たちにはそんな資金があるわけではありません。ですから、皆さんにご支援と協力をお願いしたいと思っています。
 
その支援の形はずばりお金。今流行りの【クラウドファンディング】で集めたいと思っています。
ちなみにクラウドファンディングとは、「不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である」(Wikiさまより)
 
現在は、クラウドファンディング公開に向けて準備をしているところで、来週には公開できると思います。また公開されたらそこで詳細をお知らせさせていただきますが、とにかく今言えるのは、やれるだけのことはしたい。
 
もしかしたらお金は集まらないかもしれません。工事は出来ないかもしれません。ですが、諦めたくない。とにかく、自分達に出来ることを、出来ることからやりたいんです。
 
そんな私たちにどうかご支援いただければ幸いです。
 

 
この場所から新たな交流が生まれ、地域に元気が広がっていきますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です